薬剤師転職












薬剤師転職サイトおすすめ







ファルマスタッフ



求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポート
薬剤師さんの転職成功率はなんと90%超の実績
ファルマスタッフは東証一部上場の大手調剤チェーンである、
日本調剤グループが運営している転職エージェント




ファルマスタッフ 無料登録はこちら



http://www.38-8931.com/



リクナビ薬剤師



年間100万人以上の転職を支援するリクルートグループが
運営する「薬剤師専門」のサービス
「求人数」業界トップクラス。大手薬局から町の小さな薬局、
ドラッグストア、製薬会社、病院など、希望を叶える
好条件求人を幅広くラインナップ




リクナビ薬剤師 無料登録はこちら



https://rikunabi-yakuzaishi.jp/




薬剤師WORKER



総合病院、大手薬局、ドラッグストアはもちろん、町の薬局、製薬会社など
常時20,000件を超える求人・非公開求人も多数あり
専任コンサルタントが薬剤師さんとの面談から病院・薬局との交 渉まですべてお任せできる
入職後のアフターフォローも万全・入社後万が一事前の条件と異なる場合など
担当コンサルタントが勤務先に連絡して 問題を解決



薬剤師WORKER 無料登録はこちら



http://www.pharmacist-worker.com/




薬剤師転職ドットコム




東証一部上場グループ メディウェルの薬剤師転職サイト
求人票だけでは分からない現場の雰囲気・人間関係・募集の背景・休暇取得状況
忙しさなど、『本当に知りたい情報』を提供できる。
一人一人の「納得」を1番の判断基準に提案できる求人




薬剤師転職ドットコム 無料登録はこちら



https://www.ph-10.com/




薬剤師専門の派遣・紹介【ファル・メイト】




薬剤師専門の派遣・人材紹介サービス。関東・関西を中心に
日本全国豊富な求人情報を提供
希望のヒアリングから案件の検索まで担当コンサルタントが対応
派遣であれば、関東2800円 関西2700円を最低保障
有給休暇や社会保障等の福利厚生も充実




ファル・メイト 無料登録はこちら



http://www.pharmate.jp/

























































薬剤師転職サイト ハローワーク

薬剤師のアルバイトで任されるような仕事でよくあるものの1つに、患者さんの薬歴管理というのがあって、個々の薬歴情報から、あれこれと助言する業務になります。
エリアマネージャーや店長レベルの役職をゲットすることにより、給与額を増やすこともできるため、ドラッグストアで働いている薬剤師であれば、年収増額は叶うことなのです。
一般的に公開されているような薬剤師の求人案件というのは全体の2割ほど。8割については「非公開求人情報」で、一般に公開されない質の良い求人情報が、相当数提供されています。
クオリティの高い仕事をしていることが基本にあって、特定研修の参加や検定合格など功績を認められた薬剤師に対しては、いろいろなグループ・団体から研修・実績に基づく認定証の発行が行われます。
アルバイト・パートなどの薬剤師募集案件をかなり抱えているので、育児をしながら高額給与で勤務できる職場が、幾つも見つかるでしょう。
小さなスペースの調剤薬局に関しては、やはり製薬会社あるいは病院と比べても、仕事の仲間関係が小さくまとまってしまうものであります。というわけで、仕事環境との相性が最も重要な課題となりそうです。
給料において心配して、もっと高い給与を出してくれる職場を調べて探している人なども多数見られます。とはいっても、専門の職業である薬剤師も、労働条件というものが拡大しています。
薬剤師としての任務は基本で、商品の管理業務にシフトの決定、パートやアルバイトの採用案件もすることになります。ドラッグストアという職場は、相当数の作業や業務をすることが当然なのです。
薬剤師という立場は、薬事法の規定によるものであり、規定内容は、修正或いは改定をされる事態になることも想定可能なので、薬事法を習得することなどが大事であるといえるのです。
都市部以外での勤務ならば、万一経験のない新人薬剤師でも、全国の薬剤師さんたちの平均的な年収を200万多くした収入から勤務を始めることもできてしまいます。
ドラッグストアで薬剤師の方が、作業をするようなとき、薬を仕入れることや管理業務のみならず、薬の調合から投薬ところまでも引き受けざるを得ないこともなくはないです。
最近の医薬分業の影響により、各調剤薬局や全国に支店を構えるドラッグストアというのが、今の職場となっていて、薬剤師の転職は実際、かなり頻繁にあるようです。
もしあなたが、「高い年収が欲しい」という思いが強いということであれば、調剤薬局に就職する薬剤師が満足にいない辺鄙な地域で就職するようなやり方もいいのではないでしょうか。
「薬剤師としてのキャリアが何十年もあるから」ということのみを理由にして、転職をして年収を多くしていきたいという考えなら、今勤務している会社や勤務先でがんばって継続していくのが賢いやり方でしょう。
薬剤師が就職する場所として、病院所属、調剤薬局とかドラッグストアでの勤務、そして製薬会社などが主なところです。年収の相場はみんな変わってきますし、そのエリアでも変わるものです。